シンクロ美容コラムCOLUMN

コロナ禍のストレス軽減に最適な方法【大阪のアロママッサージ】

2021.05.29

【ページ下部にSNSリンクがございます】


【ぜひフォロー宜しくお願い致します。】



column_20210529190314.jpg.


「やきとりに食べたい」


最近の口癖です。


もういつから食べていないでしょうか。


「コンビニやスーパーで売ってるでしょ」


と言われますが、違うのです。


「やきとり屋さんに行きたいのです」


長引く自粛。営業時短。緊急事態宣言。


最低でもあと1ヵ月、、、


下手したら2か月以上は行けないでしょう。


何気なく行っていた「やきとり屋さん」が自分にとってこんなに大切な時間だっとわ。


これはコロナ禍で初めて気づいたことでした。


知らぬうちに日々のストレスを発散する大切な時間になっていたのです。


そんな「やきとり屋さん」が奪われてしまってから数か月。


延長延長ばかりの緊急事態宣言。


もういい加減、ストレスはマックスまで溜まっています。


私のような思いを抱かれている方はきっと多いはず。


そこで、今回はこんな状況でもストレスを発散できる方法をご紹介いたします。


「幸せホルモン」の分泌でストレスを緩和する


column_20210529190435.jpg


幸せホルモンとは別名「オキシトシン」と言われるホルモンのこと。


このオキシトシンの分泌によるストレスの緩和は最近注目されていて、運動や外出、お酒(やきとり)などをして発散する方法とは違い


・マッサージ


・会話


・感動


・感情を素直に表す


などの方法でオキシトシンを分泌させ、ストレスを緩和します。


コロナ禍といわれる今はあまり外出もできませんし、人と会うことも減っているので


会話や感動といったことも減っていると思いますし、感情表現をする機会もへっていることでしょう。


そこで今注目されているオキシトシンの分泌方法が「マッサージ」


column_20210529190521.jpg


もともとオキシトシンの分泌方法のひとつであるマッサージ。


そのマッサージに「会話」「感動」「感情を素直に表す」という3つの要素を取り入れ


オキシトシンを分泌しやすくすれば、マッサージにいくだけでかなりのストレスを緩和することができます。


マッサージに通っている人の中には、


自分の話を聞いてもらえる場所として、居心地がよく通っている方も多いと思います。


プライベートやお仕事の話もセラピストの方であればいくら話しても、誰かに筒抜けになる心配もなく安心です。


一般的なマッサージ店に「マッサージ」「会話」「感動」「感情を素直に表す」のうち唯一ない要素は


「感動」ではないでしょうか。


それ以外の要素は、お店にもよると思いますが、居心地がよく通っているお店であれば満たしているはずです。


ではマッサージ店で感動するにはどうすればいいか


column_20210529190556.jpg


よく見かける高級ホテルなどのスパはいかがでしょうか?


自分へのご褒美に月に一度や大型連休の際などにご利用される方も多いと思います。


高級ホテルの中にあるだけあって、内装も豪華、設備もしっかりしていて、接客やサービスも超一流。


落ち着いた空間で、ゆっくりと自分だけの時間を楽しむことができます。


ただ、ちょっとイメージしてみると、高級ホテルのスパで自分のプライベートやお仕事の話をあまりべらべらとできないような気もします。


また、高級ホテルのスパというだけあって料金も超一流の場合もあり、気軽に通える感じではないかもしれません。


ちょっと緊張もするので、ご褒美になってもあまりリラックスはできず、逆に疲れてしまうなんてことも。


街中にあるマッサージのお店で感動できるお店があれば一番いいですよね。


大阪本町のメンズセラピスト専門アロママッサージ【シンクロ】


column_20210529190619.jpg


そこで今大阪で注目されているマッサージのお店がRelaxation lounge Synchro【シンクロ】というお店。


メンズセラピスト専門で女性専用のお店なので、男性の方は利用できないのですが、大阪の女性の間で今人気のお店です。


このお店のコンセプトは「外側と内側の綺麗をシンクロ」させること。


つまりはマッサージを通してお体を楽にし、綺麗にしていくことと、会話を通して内面を楽にし、綺麗にしていくこと。


このどちらもが丁度シンクロした部分が女性にとって一番綺麗なとき。と考え、


マッサージをするだけでなく、「会話」「感情を素直に表す」ことがもともとコンセプトに含まれています。


また、シンクロではセラピストのことをオキシニストと呼びその語源は「オキシトシン」


セラピストは「オキシトシン」の分泌を促すために聞き役に徹し、必ずお客様の話を「肯定」するようにしています。


意見やアドバイス、間違いを正されることなどは日常生活の中でたくさんありますが、自分の話をただ聞いてくれて、自分を肯定してくれる場所は意外にすくないものです。


シンクロにいるときだけは自分の話をたくさんできて、自分の感情を自由に表現できる。そんな場所でありたいと考えています。


「マッサージ」「会話」「感情を素直に表す」こと、さらに「感動」


column_20210529190644.jpg


シンクロはオキシトシンの分泌を促すために店内を非日常空間にすることでお客様に「感動」を与えるようにしています。


マッサージ店には普通ない大きなシャンデリアを設置したラウンジスペース、シャンパングラスで飲む美容ドリンクなどでお客様をおもてなしし、隠し扉を通って個室へと向かう。などマッサージを受けるまでに非日常空間を楽しみ、まずお客様に感動を与え、オキシトシンの分泌を促します。


個室はすべての部屋が配色が異なり、来るたびに違う部屋の色を楽しむこともできます。


また星が降る貸切岩盤浴をオプションで付けたり、マッサージの個室内に星を降らせることもできます。


このように様々な仕掛けを用意して、お客様に感動を与えることと「マッサージ」「会話」「感情を素直に表す」ことを取り入れて、ストレスを緩和できるようにしています。


今は自粛などでどこにいくことも不自由な時期ですが、シンクロは感染症対策を徹底し、深夜25時まで営業しています。


息抜き、ストレス発散が必要なときはぜひ、大阪本町のシンクロをご活用ください。



Relaxation lounge Synchro【SNS】


column_20210328165914.png column_20210328165929.png column_20210328165945.png